プロフィール

テリア家

Author:テリア家
ーーーーーー
【登場ワンコ】

◼︎兄 : アルフィン
(別名: お白/アル/アルちゃん/ フィン)
・犬種 : ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ)
・2014年10月生まれ (雄)
・テリア家在住

◼︎弟 : エミル
(別名: お茶々 /エル/エッちゃん )
・犬種 : ノーフォークテリア
・2015年11月生まれ (雄)
・テリア家在住

【時々登場ワンコ】

◼︎ ジジ
(別名: 麻呂 /ジジくん /じーちゃん)
・犬種 : ヨークシャーテリア(ヨーキー)
・2008年7月生まれ (雄)
・実家在住

ーーーーーーー
ーーーーーーー
※コメントにつきまして。

コメントは毎回楽しく読ませて頂いております。
①内容を非公開としたい場合は、必ず非公開コメント欄にチェックを入れて下さい。
②コメントに、アドレス・URLの入力は必須ではありません。アドレス・URLを公開されたくない方は、アドレス・URL欄は空白のままでお願い致します。
③公開コメントは、頂きましたコメントに、そのままお返事をさせて頂きます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

Alphin-emil

楽天市場

にほんブログ村

人生最大の痛みを経験する

昨日の記事から続いています。


翌日朝に、再度病院へ。

痛みも、ほぼ落ち着いており、大丈夫そう。
案外、肩の骨折て、そこまで辛くない⁉︎

あとは、入院し手術かと、思っておりました。



が、

専門医) 骨が折れて、位置がズレてますね。位置をなんとか戻せれば、手術なしに温存療法で行けるかもしれません。

おおー、すごい!
手術しないでいいなんて、お願いします!


専門医) 少し痛いですが、頑張れますか?

はい、手術しないで済むなら、頑張ります!







さほど考えずにした、この発言を、直後大後悔することになるとは…知る由もなく。



透視しながら、整復術。
簡単に言えば、医者が患部を力任せに押しまくり、定位置に戻すのです。しかも、麻酔無しで。。。

奥まったレントゲン室にいれられ、看護師に押さえつけられ、医者に折れた腕肩をガツガツ押される。

痛いなんてもんじゃない!
気づけば息を吸う事も忘れて、痛いという言葉なんてでず、初めは声を出さずに耐えてましたが、限界を迎えうめき、吐きそうになり。
一層のこと、気を失えば楽なのにと思ったほど。


この処置が10分くらい?続き、もうほんともう無理、やめてー!と思った時、拷問の時間は終わりを迎えました。



で、その後、レントゲンを取り、
こうなりました。

20220903193759ca9.jpeg
(位置は戻りましたが、もちろん根本は折れたままです)


も、戻ってる!

このまま1週間この位置を維持できれば、手術せずに温存療法でいけますと。
絶対に、安静にしてくださいね。と医師に言われました。

先生、了解です!

ーーーーー

帰宅。

疲れて寝てしまいました。

この後、さらなる悲劇が、差し迫っていたとは…

202209031937586a1.jpeg


続く
(次回は、ワンコが登場!します…)

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村

↓こちらも、ポチっと、応援よろしくお願いします。

fc2ブログランキング

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

<< 悲劇再び!骨折部位に犬が乗り、再処置。 | ホーム | 救急外来で、コロナの影響を受ける。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム