お茶々、矛を納める

待ちに待った本日、戦いは終わりました。

そうです、1週間凶器を身にまとい、八面六臂の大活躍をしていた、我が家の武将エミルの助茶左衛門(誰?)が遂に抜糸により、矛を納めました。
(※詳細は、6月2日分の記事を参照)





今まで我々飼主夫婦の最強の盾であったアルフィンは、やっと安堵です。



その後、ドッグスクールへ。




仲良く走り回っております。

アルフィンは、プールにもはいりました。




一時期、カラーの装着により、断絶したアルフィンとエミル。

このまま犬猿の仲(!?…犬犬の仲⁉︎)になるかとも思われましたが、

2匹の兄弟愛には、何の矛盾もなかった様です。

めでたしめでたし。


⁂⁂⁂⁂⁂

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

関連記事