【海外の動物病院へ】②絶対負けられない戦いがそこにはある(中編)

昨日の記事から続いています。

→スウェーデンでの、『狂犬病ワクチン接種』と『EUパスポート取得』のお話です。

ーーーーー

ということで、動物病院に20分ぐらい前に着いたので、ちょっと散歩をしてから行きました。

お白) …



病院の中に入りまして、
アルフィンは、最初からガクブルです…

20230529050755987.jpeg


まずは、問診票が出てきました。

ん?スウェーデン語だっ。

202305290513145f8.jpeg

しかしっ、英語しゃべってくれてるっ…
一安心…とは思いつつ、動物関係の医療用語、さほど知らないことに気づく…(^^;)


 
さて、やはり、日本とは制度が違うので、いろいろと考えた事がないところから、質問もありました。


ちなみに、一番焦ったのは、この狂犬病ワクチン接種証明書じゃダメだと言われた瞬間です。


日本では、混合ワクチンは、打ったワクチンのバイアルについてるシールが接種証明書に貼られますが、狂犬病ワクチンの方の接種証明書には、そのシールがない。

…これ、多分日本では普通ですよね?

多分日本は1バイアルで数匹分とるから?そうなってるんだと思いますが(ちがうかったらすみません。)
…少なくとも、我が家が通う獣医さんにもらった証明書にはシールはないのです。


やり取り的には、こんな感じ。

獣医さん) あれ?狂犬病ワクチンの方のシールは?

えっ、な、ないですよ!

獣医さん) 何故ないの?

えっ、日本ではこれが普通です。
ほらっここ、打ったと日本の獣医師のサインもありますし、これが証明書なんです。

獣医さん) いや、困ったわね…これ日本語?何書いてるか読めないし…シールあるはずよ!

…いや、ないんだよ。。。
ど、どうしょう、な、何かないか?


で、接種証明書ではないが、出入国時に必要な、狂犬病抗体があることを証明する、英文で書かれた証明書があるのを思い出しまして…

こ、これならあるけど、どうでしょう?と見せてみると、OKと。

良かった。
英文のを追加発行してもらってて。



あとは、

スウェーデンの狂犬病ワクチンの効力は三年なんで、まだ有効期限内ではないのか?と聞かれたり…


他には、日本の獣医の名前はどれだ?と3回は聞かれたなー

日本語でも難しい、テリア家の通う日本の獣医さんの名前。そりゃ、分からんよな。。。

ーーーーー

そして、
輸出の証明書にはやはり、本来はスタンプが押されることが、わかる…

ヘルシンキの空港(乗り継ぎの我が家がEUに入った空港)でも、アーランダ空港(ストックホルムの空港)でも、検疫の証書にスタンプ貰えなかったんです…と説明したら、ここは何故かあっさりと、そうなんだね、で終わりました。

よくあることなのかな?

ーーーーー

ということで、処置室へ

20230529050754c9a.jpeg

獣医さん) あなた、ちょーかわいぃわねぇー、大丈夫よぉー

めちゃくちゃやさしい…
よかった…かなり、良かった…

そうはいってもふるえるアルフィン…
彼は失禁の過去をもつ…

さぁ、どうなるっ


続く。

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村

↓こちらも、ポチっと、応援よろしくお願いします。

fc2ブログランキング

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂
関連記事