⑪憧れの山アイガーを歩く。アイガートレイル(グリンデルヴァルト編) 【犬連れ海外旅行】

前回の記事から続いています。

ーーー
【内容】
・ユングラフ鉄道
・アイガートレイル
・グリンデルヴァルトからツェルマットへ電車移動

ーーー

翌朝、遂にピーカン!
太陽が眩しい!!

2023083010195676e.jpeg

本日は、いよいよ、アイガーへアタック!!

その前に、ユングラフヨッホへ

ーーーーー

前日朝にチケットは買っておきました。


以下、ユングラフヨッホに関する情報を少し。

ユングラフヨッホに行くには、ニ方法があります。

①昔ながらのユングラフ鉄道で行く
②最近できたアイガーエクスプレスというロープウェイで行く
(値段はほぼ同じらしい。)

我が家は、昔ながらの鉄道の方をチョイス!


ちなみに、チケットは恐ろしい値段です。

大人1人往復で214フラン(約35,000円)!!

ワンコも、アイガークラッシャーからユングラフまでの区間は有料!1ワン30フラン(約5,000円)でした。


節約方法としては、朝割チケット。
ロープウェイは確か朝一から3個分、鉄道は朝一の分が、モーニングディスカウントチケットとして販売されてました。

往復で大人1人170フラン(約28,000円)!
…ハーフフェアパスを利用し85フラン(約14,000円)で購入しました。

それでも、結構な値段ですね⤵︎
…ちなみに、ワンコの朝割チケット及びハーフフェアパスの適応はありません。

少し躊躇する金額ですが、人生でここに来ることはもうないだろう。

お白) 思い出、プライスレス。

ーーーーー

朝一にテントたたみ、Grindelwald Terminal駅に荷物を預け、ユングラフ鉄道の駅(Grindelwald Grund駅)へ。
ターミナル駅からは徒歩5分ほどです。

20230830101933d30.jpeg

せっかくなので、良い席に座りたい!と早く行くも、誰もいない。。。

20230830101934da0.jpeg

数年前にできた、ロープウェイの方が人気のよう(^^;)



ユングラフ鉄道に乗車。

20230830101936b34.jpeg

昨日は自力で降りてきたコースを、今度は電車で登っていきます。

景色が綺麗です。

Kleine Scheidegg(クライネシャイデック)駅に到着。電車を乗り換え、Eigergletscher駅へ行きます。

その後、Eigergletscher駅で更に乗り換えます。(ここでロープウェイと合流します)
ここからは、トンネルの中を通るため景色は見えません。
電車はかなりの角度で登っていきます。


Eigergletscher駅は標高2320m、ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)駅は3454mです。この標高差を30分ほどで登ります。

富士山9合目と同じくらいの標高。
高山病の危険のある標高のため、アルエルの様子を十分に観察しながら、おやつやお水をあげたりしましたが、呼吸状態も落ち着いており、大丈夫そうでした。

…山の中腹にキャンプをし、ここ数日2000m超えの山を歩いていたので、高所順応しやすかったのかな。
ワンコを連れて行かれる方は、高山病にはくれぐれも注意してあげてください。

ーーーーー

ユングフラウヨッホ駅の少し手前、Eismeer(3160m)駅に少しの間停車。
氷河をみれるとの事で降りました。
駅の窓から見れましたが、近づくことはできません。

20230830101937e27.jpeg



その後、車内でワンコのチケットチェックがありました。
(人間のは、スキー場のリフトのようにカードをかざしてゲートを入るので、車内ではありません)

ーーーーー

そして、遂に、頂上駅のJungfraujoch駅に到着!

ヨーロッパの鉄道駅で最も高いところにある駅です。

駅は、小さなミュージアムになっており、展望台や氷の彫刻とトンネル、お土産屋さん、チョコレート工場などがあります。
20230830101939cd1.jpeg

チョコレート工場は、ワンコ不可。
入り口で記念撮影をしていたところ、店員さんがチョコをくれました!
生チョコっぽくてすごく美味しかった(≧∀≦)


展望台は、眺めが抜群でした。
晴れてよかったー

2023083010195518a.jpeg

20230830101954c0f.jpeg

(お下品な写真、失礼しました m(_ _)m )

202308301019418b1.jpeg


そして、ここで、昨日お会いした日本人の一行さんに再度お会いしました。

お茶々) 二度も会うなんて、運命を感じますね。

氷河を歩けるトレイルがある事を教えてもらい、氷河⁈歩きたい!!

氷河の方へ出る出口を探してウロウロ。

しかし、ふと、時間があまりないと気づき…割引モーニングチケットは下山の時間のリミットがあるのです。確か13:45分。
流石にちょいと厳しいかなと諦めました。

ーーーーー

その後は、
Jungfraujoch駅からEigergletscher駅まで電車で降りていき、いよいよ夢の「アイガートレイル」へ。

アイガートレイルは、Eigergletscher駅からAlpiglen駅まで続くトレイルで、あのアイガーの崖の麓を歩くことができるのです。降り約2時間ほどのコース。

20230830101942a7a.jpeg

アイガーに登る登山家さん達の取り付き場もあります。

真上には、アイガーの壁がそびえ立つ。
垂直の壁。こんなところ、よく登るよなぁ〜。怖いっ!すごすぎる!


アイガートレイル自体は、中級者向けとありましたが、日本の山を登ってる方なら普通に歩けます。
しかし、壁の真下を歩くので落石注意と、雨が降ると滑りやすそう、雷などの時でも避難する場所も無いので、天気が悪い日は避けた方が良いかと。

景色は圧巻!

2023083010194392d.jpeg

20230830101945efc.jpeg

20230830101946036.jpeg

途中、牛さん達に道を塞がれたりしました(^^)
写真じゃこの絶景が伝わらないのが残念。

Alpiglen駅からは電車に乗り、Grindelwald Grund駅へ戻りました。

20230830101949121.jpeg

ーーーーー
ーーーーー

そして、次の目的地、チェルマットへ移動!

ユングラフ鉄道のGrindelwald Grund駅からグリンデルヴァルトターミナル駅まで5分ほど歩き、グリンデルヴァルトターミナル駅から建物内で繋がっているGrindelwald Terminal Train Station駅へ。


マッターホルンの麓町チェルマットまでは、スイス国鉄の電車4回乗り換えです。。。

ここで、スイスの電車の恐ろしさを知ることに。

・遅延します。
・なのに、乗り換え電車はほぼ待ちません。
・乗り換え時は全力ダッシュが必要です。
・席は空いてても詰めてくれないので、座れません。
・冷房が効いてない灼熱列車もあります。
・もちろん値段は高額です。

とまぁ、特に山歩きの後の疲れた身体には、スイス国鉄はかなりのダメージを受けます。。。ご注意を(T_T)

ーーー

ツェルマット到着。

202308301019520a7.jpeg

ツェルマットでも、もちろんテント泊!

『キャンピング・ツェルマット Camping Zermatt』
駅から徒歩3分という最高の立地のキャンプ場。

ささっとテントを張りまして、街へくりだします。


202308301019510cb.jpeg

ツェルマットは、ザ・観光地てな感じのリゾートです。
オシャレなお店・レストランがわんさか立ち並びます。


そして、街からはマッターホルンの全体がくっきり見える!すごい!!

202308301019499f8.jpeg

夕飯をコープで買い、自炊。

ちなみに、コープで適当なお惣菜と飲み物買って、ブダペストの高級レストランと同じ金額。うん、スイスのレストランには行けないや…(*_*)

おやすみなさい。

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村

↓こちらも、ポチっと、応援よろしくお願いします。

fc2ブログランキング

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂
関連記事