『犬とスキー』志賀高原スキー場 リベンジの旅 【絶景をお届けしたい編】

昨日の記事から続いております。

『志賀高原』に到着。


アルフィン&エミルには、近くのSAでトイレをさせて、ご飯も食べさせていたので、早速事務所に入ってもらい…「じゃっ!」と行きたいところ…

お白) おりゃっ。

踏み台昇降運動のような足上げか・ら・の、機関銃のように撃ちまくるチィ。

助かりました、ありがとうマナーパット(^^;)



その後、ホテルの方に兄弟のワンコグッズの説明をし、お願いしまして、今度こそ「さぁ、行くぞ!」としたところに…


お白) 急な差込みがっ。

SA散歩の際は、いくら促しても全く無視だったのですが。下痢気味です。

本当にホテルの方は、とても親切にして頂き、恥ずかしいやら、申し訳ないやら。

お白) 志賀高原は丸池ホテル一択。



片して、3度目の正直「いざっ!」

お茶々) …すみません…

エミルまでモウさん…。
なんだろうこの兄弟。

お留守番中、宜しくお願いします。

ーーーーー

そして、リベンジ開始。

全リフト制覇の鍵。それは、周り方でしょう。まぁディズニーランドとかもそうですよね。

今回は2日滑ることが出来るので、エリアを分けて滑ることにしました。




初日は、『中央エリア』。
このエリアだけで13個のゲレンデがあります。

本当なら効率良く端から順に攻めるべきなのでしょうが、午後から『曇り』の予報が。


志賀高原スキー場の中で2番目に標高の高いゲレンデ『寺子屋(標高2,125m)』。
曇る前に、是非綺麗な山々を写真に収めたい!

で、無駄にまず『寺子屋ゲレンデ』まで行きました。

丸池スキー場→ 蓮池スキー場→ ジャイアントスキー場→ 発哺ブナ平スキー場→ 東館山スキー場→ 寺子屋スキー場
*東館山のゴンドラでは、『ぎんさん号』にたまたま乗車できました。…この運命の乗車が、あとの予定に大きく影響を及ぼすことに。


(*『ぎんさん号』とは、『たま神様巡礼シリーズ』という、中央エリアでのイベント用のペイントがなされたゴンドラ。)



そして、ようやく寺子屋に到着。
なかなか遠いぞ。しかし、綺麗な山々の写真が撮れました。こちらがその写真。



お茶々) …普通ですね。

肉眼ではなかなか綺麗ですがね。何故だろう、写真ではちっぽけに見える。スマホ撮影だからか。

お白) 腕だな、腕。


では、一気に中央エリア、制覇しちゃいましょう!

続く。




⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村

↓こちらも、ポチっと、応援よろしくお願いします。

fc2ブログランキング

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂
関連記事